【和歌山】婚約指輪の選び方とサイズの測り方をチェック!

和歌山で婚約指輪をお探しの方は、しんえい⁻ELFINへお越しください。婚約指輪や結婚指輪となると、どのように指輪を選べばいいのかと迷っている方も多いのではないでしょうか?こちらでは、婚約指輪をお探しの方に知っておいてもらいたい、婚約指輪の基礎知識についてご紹介いたします。指輪のデザインやサイズの測り方だけでなく、婚約指輪を使うタイミングなどを知り、お互いが喜べる指輪選びをしましょう。

婚約指輪の基本情報を解説!

結婚の約束をするときに贈る指輪を婚約指輪といいます。婚約指輪は、お互いにとって一生の品となるとても大切なものです。しかし、いざ婚約指輪を購入しようと思っていても、どのような指輪を選べばいいのかと悩む方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、婚約指輪の購入をお考えの方に向けて、婚約指輪に関する基本情報をご紹介いたします。

指輪は購入した方がいい?

Should I buy a ring

婚約指輪は大切なパートナーに向けて、結婚の誓いや愛情を形にして贈られるものです。婚約指輪は、必ず購入しなければならないわけではありません。婚約指輪は買わず、結婚指輪のみ用意したというカップルは多く見られます。

しかし、婚約指輪は結婚する2人にとって、特別な意味合いを持つアイテムとなります。婚約指輪をつけることで、周囲に婚約者がいるということをアピールできます。お互いの親族や知人に向けて、結婚の意思を言葉にしてなくても伝えることが可能です。

また、初心を忘れないようにするためにも、婚約指輪は大切なアイテムです。長い結婚生活の中で、様々な波乱が訪れるでしょう。そのときに婚約指輪を見れば、初心を思い出すことができ、お互い支えあえるのではないでしょうか。

加えて、一般的な指輪と比べて高価で、しっかりとしたデザインの婚約指輪は、フォーマルファッションに最適です。フォーマルシーンに限らず、ラフなファッションに指輪を重ね付けして普段使いする方も少なくありません。つまり、婚約指輪は一生使えるアクセサリーにもなるのです。

指輪の選び方

How to choose a ring

婚約指輪の定番は、指輪の中央部分にダイヤモンドなどの宝石があしらわれているものです。この形をベースとして考えて、指輪選びをしていくとよいでしょう。

婚約指輪と一口にいっても、様々なデザインがあります。一人で指輪を選ぶ場合、贈る相手の雰囲気や普段のファッションを考えながら相手に似合うものを選びましょう。相手にぴったりのデザインを選びたいけれどどれがいいのかわからない…という場合は、相手の方に事情を説明して一緒に選ぶのもおすすめです。本当に欲しいものは自分で選びたいと考えている方は意外と多いものです。

しんえい⁻ELFINでは、指輪ではなくセンターに使うダイヤモンドを選び、そのダイヤモンドを持ってプロポーズした後、相手に指輪のデザインを選んでもらうということが可能です。

婚約指輪は一生使うものです。そのため個性的すぎるものや、流行に左右されやすいデザインだと、年齢を重ねたときにつけにくくなってしまいます。長く大切に使えるデザインの指輪を選ぶのがおすすめです。

また、相手がアレルギー持ちや敏感肌の場合、使われている素材もチェックしましょう。せっかく婚約指輪を購入しても、肌トラブルのせいでつけられないという事態に陥らないよう、注意して選ぶことが大切です。

指輪の幅も重要です。相手の手や指の形によって似合う指輪の幅が異なります。好みのデザインでも、つけてみたらイメージと違ったというケースがあります。デザインだけでなく、指輪の幅も事前にチェックしましょう。

最も確実な指輪の選び方は、相手と一緒に店舗に行き、その店舗のスタッフと相談しながら選ぶ方法です。相手の意見を漏れなく聞けますし、専門知識のあるスタッフから的確なアドバイスをもらうことができます。

しんえい⁻ELFINでは、皆様からのご相談を受け付けています。和歌山で婚約指輪をお探しの方は、ぜひ一度ご来店ください。

サイズの選び方と結婚後の取扱いについて

こちらでは、婚約指輪の購入を検討している方に向けて、指輪のサイズの調べ方や、指輪をつけるタイミング、結婚後の取扱いについてご紹介いたします。

和歌山にあるしんえい⁻ELFINでは、婚約指輪に関する様々なご相談に対応しています。お気軽にお問い合わせください。

指輪のサイズを知る方法

the size of a ring

適切な指輪のサイズは、一番太い部分にぴったりとはまるものです。指は根本よりも関節部分の方が太いので、指輪のサイズは関節で測ることがポイントです。

緩いサイズだと、紛失の可能性が高くなります。婚約指輪はリングの真ん中にダイヤモンドなどの宝石がついていることが多く、指輪が緩いとダイヤモンドがセンターからずれてしまい、デザイン性の高い見た目を損なってしまう可能性があります。

一方で、きつすぎるサイズは指輪が外れなくなってしまう可能性があります。はめたときにぴったりのものを選びましょう。

婚約指輪を扱っている店舗では、サイズ棒を用いて測定します。サプライズで指輪を用意したい場合におすすめの方法で、相手がつけている指輪を借りるだけでサイズを測ることができます。

また、リングゲージを用いた方法もあります。はめたい指に大きめのリングゲージから通していき、ぴったりのサイズを見つける方法です。より正確なサイズの測定ができます。ただし、リングゲージは重さがあるので、宙に浮いた状態のままでは重さで引っ張られてしまい、正確なサイズがわかりません。リングゲージを装着したら、手のひらの上やテーブルの上に置いて、サイズを測定しましょう。

また、サイズを測るタイミングも重要です。人間の体の半分以上は水分で構成されているため、不要な水分や老廃物が溜まるとむくみが起こります。むくんだ指は通常より太くなっているので、正確なサイズが測れません。

一般的に、10~16時の間に測れば、正確な指のサイズがわかるといわれています。体質的にむくみが起こりやすい方は、複数回に分けて指輪のサイズを測るとよいでしょう。

いつつける?結婚後はどうなる?

happens after marriage

婚約指輪という名前のとおり、つけるタイミングは婚約期間中が一般的です。婚約指輪には、結婚式で結婚指輪を交換するまでの間、身につけるという役割があります。

つけるタイミングに特に決まりがあるわけではないので、婚約指輪をもらったらすぐにつけても大丈夫です。相手がつけるタイミングを希望する場合もあるので、受け取った側は相手に確認するとよいでしょう。

婚約指輪は、毎日つける方もいれば仕事の都合などで毎日つけられない方もいらっしゃいます。高価な指輪なので特別な日につけたい、紛失が怖いと思う方も中にはいらっしゃるでしょう。婚約指輪はこのタイミングでつけなければならない、という決まったルールはないので、自分がつけたいときにつけて構いません。結納や両家顔合わせのような、婚約していますというアピールが必要なときにつけるといいでしょう。

婚約期間が終わった結婚後は、指輪をしまうという方も少なくありません。しかし、婚約指輪は結婚したらつけてはいけないという決まりはありません。結婚した後でも婚約指輪はいつつけても大丈夫です。フォーマルな場であれば、華やかなデザインの婚約指輪もファッションを引き立てるアイテムになります。普段使いするのはもちろん、他の指輪と重ねておしゃれを楽しむという使い方もいいでしょう。思い出として大切に保管するのも、毎日つけておしゃれを楽しむのも、その人の自由です。

ダイヤモンドの婚約指輪は和歌山の店舗「しんえい⁻ELFIN」へ!

婚約指輪の選び方やサイズの測り方、結婚後の取扱いについて解説しました。一生に一度の婚約指輪選びで失敗しないよう、ぜひ参考にしてみてください。

和歌山で婚約指輪を購入したいけれど、どの店舗で買えばいいのかわからないとお悩みの方は、しんえい⁻ELFINへぜひお越しください。和歌山県御坊市に店舗を構えるしんえい⁻ELFINは、世界で最も明るいダイヤモンドといわれる「William-Lenny Diamond(ウィリアム・レニーダイヤモンド)」の和歌山県唯一の正規販売店です。和歌山でより品質の高い婚約指輪をお求めの方は、しんえい⁻ELFINへ。

和歌山でエンゲージネックレスを贈りたい方は、へしんえい⁻ELFINご相談ください

会社名: 株式会社しんえい
所在地:

〒644-0011

和歌山県御坊市湯川町財部181

オークワロマンシティー1F

TEL/FAX: 0738‐23‐0200
営業時間: 9:00~19:00